宇都宮の歯医者「星野歯科医院」が6~12歳までのお口のケア方法をご紹介

文字サイズ

小

標準

大

小学校低学年から高学年までのお子さんのケア方法

小学校卒業まで(6~12歳)

6~12歳の子供がいらっしゃるご両親へ ELEMENTARY

母子イメージ

小学校低学年から高学年までのお子さんのケア方法をお伝えしています。

仕上げ磨きはそろそろ卒業。お子さん自身に歯の健康に対する意識を高めてもらうことが大切です。
そのためには、まだまだお母さんのサポートが欠かせません。
当院もしっかり支えていきますので、いっしょにお子さんの歯の健康をサポートしていきましょう。

6~12歳のお子さんへの予防処置・ケア

フッ素塗布
フッ素塗布乳歯は永久歯に比べてむし歯に弱いという性質があります。歯の質を強くするフッ素を歯の表面に塗ることで、むし歯に強い歯にします。フッ素塗布は半年に1回を目安に受けるのがベストです。歯ブラシをお持ち下さい。保険で実施できます。
シーラント
シーラント6歳ごろになると前歯から数えて6番目の歯(六歳臼歯)が生えてきます。この歯には深い溝があり汚れが溜まりやすくなっています。この溝に樹脂を詰めて汚れを溜まりにくくする処置がシーラントです。六歳臼歯が生えてきたら受けさせましょう。

↑PAGE TOP

6~12歳までの注意点

虫歯を予防するためのケアを、成長を追ってアドバイスします。

6~12歳 ランドセルを背負う子供 乳歯が抜けて永久歯が生える、生え替わりの時期に入ります。六歳臼歯が生えてきたら要注意です。
歯の表面の溝は複雑で、完全に生えきるまでに虫歯になりやすいので、シーラントを行いましょう。
また、フッ素入りの歯磨き粉を使用したブラッシングも有効です。
あわせて、歯科医院での定期検診を受けて下さい。
12歳ごろ 笑顔の女の子 12歳くらいになると、12歳臼歯が生えてきます。6歳臼歯と同様に虫歯になりやすく予防が重要です。
また、この時期には、上の前歯に比較的むし歯ができやすいので、定期的に検診を受ける必要があります。
また、お子さんは歯周病とは無縁と思われがちですが、この時期から歯周病になる可能性があります。
低年齢から口腔内を清掃することで、将来的な歯の病気のリスクが低くなります。中学に入るまでを目安にしっかりとお口の健康をサポートしてあげましょう。

↑PAGE TOP

星野歯科医院 栃木県宇都宮市上戸祭町3007-2

詳しくはこちら

星野歯科医院 Hoshino Dental Clinic

  • 各種保険取扱
  • 時間予約制
  • 初診・急患随時受付

栃木県宇都宮市上戸祭町3007-2

 
午前10:00~13:00 × ×
午後15:00~19:00 × ×