宇都宮の歯医者「星野歯科医院」が食育についてご紹介

文字サイズ

小

標準

大

食べ物からお子さんの子育てを考える

食育のすすめ

食育とは? RECOMMEND

食器イメージ

星野歯科医院では歯科治療のほか、お子さんのいるお母さんには「食育」に関するお話をさせていただいています。
食育とは、食べ物から育児を考える概念のことで、今多くの親御さんから注目を集めているものです。
日に日にスクスクと育つお子さん――。
その成長を支えている毎日の食事について、この機会にぜひ考えていただきたいと思います。
すぐに採り入れられるものばかりなので、ご参考にどうぞ。

よく咬んで食べることで健康に

よく咬むことで、歯の成長がうながされキレイな歯並びがつくられます。
一口に30回咬むのが良いとされていますので、ぜひお母さんもいっしょにチャレンジしてみてください。
消化しやすくなれば胃腸への負担が少なく、また咬むことで満腹中枢が刺激されてお腹がいっぱいになりやすくなります。
キシリトールなどのガムで咬む力をつけるのも良いでしょう。

おやつにはキシリトールガムタブレットがおすすめ
同じガムを咬むのであれば、できることならキシリトール入りのガムがおすすめです。キシリトールはイチゴやレタスなど多くの野菜や果実の中にも含まれており、砂糖と同じくらいの甘さをもちながらカロリーは約75%というローカロリーな天然甘味料です。
当医院のキシリトールは歯科専用で100%キシリトールガムタブレットを販売しております。

好き嫌いなくバランスの良い食事を

子どもは大人よりも味覚が敏感です。
特に苦みに対しては大人の3倍も敏感とされており、ピーマンなどの苦みが強い食べ物が苦手なお子さんはたくさんいらっしゃいます。
でも嫌いだからといって、食べさせなくていいというわけにはいきませんよね?
みじん切りや、味付けを工夫するなどして食べやすくしてあげましょう。
また、食べたらほめてあげることも大切。
ごほうびをあげるから食べようねと、お願いする方法も効果的です。

朝食を摂って健康で元気な生活を

シリアルイメージ

朝は時間がないといった理由で、朝食を抜く大人が増えています。
そして親の影響を受けて、朝食を食べない子どもも近年増えているようです。
しかし朝食を抜くことはお子さんの健康に悪影響を及ぼすほか、お腹が減って集中力が途切れ、学校の成績が落ちる原因にもなります。
朝食を摂っていないようなら、はじめは、りんごやみかん、バナナなどの食べやすい果物だけを食べるだけでも良いでしょう。
また、シリアルは栄養価が高く食べやすいのでおすすめ。
無理はせず少しずつ朝食を摂れば、自然と食べる習慣が身につき健康的なライフサイクルに変わるはずです。

↑PAGE TOP

星野歯科医院 栃木県宇都宮市上戸祭町3007-2

詳しくはこちら

星野歯科医院 Hoshino Dental Clinic

  • 各種保険取扱
  • 時間予約制
  • 初診・急患随時受付

栃木県宇都宮市上戸祭町3007-2

 
午前10:00~13:00 × ×
午後15:00~19:00 × ×